まずは借入先選びから

お金を借りる際にまず考えることはどこから借りるか・どこなら借りられるのか
銀行・消費者金融など借りられる金融機関は申込条件があります。

 

申込資格がないとは知らずに申込んでしまっては、通る審査も通りません。
まずは自分がどのローン会社に申し込めるのかを知っておく必要があります。

 

借入先選びの鍵となる『総量規制』

総量規制は、2010年6月18日施工の貸金業法で改正された、個人の貸付を規制する法律。

 

貸金業法は消費者金融・信販会社に適用されるため、消費者金融は総量規制対象となります。
一方銀行カードローンは、貸金業法とは別の『銀行法』が適用され、総量規制対象外

 

借入先選びを左右するのが年収です。
総量規制では年収の3分の1までという貸付制限が設けられました
つまり消費者金融では年収300万円の場合、年収の3分の1まで、最高100万円までしか借りられません。
専業主婦など収入がない場合、消費者金融からは借入不可。

 

区分 総量規制 申込資格
銀行カードローン 対象外 安定収入がある人

(専業主婦の場合は配偶者に安定収入があることが条件)

消費者金融 対象 安定収入がある人

安定収入とは毎月大きな差がなく、一定金額の収入があること。
収入の有無で、借入先が銀行か消費者金融なのかが決まることになります。

 

借入条件を考える

できるだけ急いで借りたい低金利なカードローン会社がいい・限度額が高いところが希望など、最も重視する第一条件を決めます
その条件に当てはまるローン会社から、さらに第二・第三希望の条件を満たせるところを探します。

 

借入先によって大きな違いはありませんが、即日融資には各ローンで一定の条件が必要である場合もあります。
希望の条件を明確にしておきましょう。

あなたにピッタリの借入先がみつかる!条件別ランキング

借入初心者も安心!銀行運営カードローン

銀行カードローン1位みずほ銀行カードローン
日本を代表するメガバンクのみずほ銀行が運営のカードローンです。
低金利で融資額も大きいことも魅力的です。
住宅ローン申込者に金利優遇制度があり口座を持っているなら即日融資OK!

 

みずほ銀行カードローンの詳細へ

 

銀行運営カードローン2位 銀行運営 2位 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
銀行運営カードローン3位 銀行運営 3位 三井住友銀行カードローン
ランキング比較詳細  借入初心者も安心の銀行運営カードローン ランキングへ

融資スピード重視!即日借入カードローン

日本一支店が多い三菱東京UFJ銀行なら、テレビ窓口も多く申込みからローンカードの受取までが最短40分!
銀行口座も不要なので、急な借入にも心強い総量規制対象外の銀行カードローンです。

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細へ

2位 審査・融資スピード 2位  プロミス
3位 審査・融資スピード 3位  三井住友銀行カードローン
ランキング比較詳細  融資スピード重視の即日借入カードローン ランキングへ

利息節約!低金利で借入可能なカードローン

低金利カードローン1位イオン銀行 カードローンBIG
イオングループが運営するイオン銀行のカードローンです。
最大金利が13.8%は消費者金融より低金利な銀行カードローンで最も低く設定されています。
支払利息を抑えたい方にイチオシです!

 

イオン銀行 カードローンBIGの詳細へ

 

2位 実質年利 2位 みずほ銀行カードローン

エグゼクティブプラン:3.0%〜7.0%
コンフォートプラン:3.5%〜14.0%

2位 実質年利 3位 三井住友銀行カードローン ⇒ 14.5%
ランキング比較詳細  低金利で借入可能なカードローン ランキングへ

(※)住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用の金利です。

限度額重視!高額借入可能なカードローン

高額借入カードローン1位東京スター銀行 スターカードローン
最高限度額1,000万円!高額借入可能なカードローンなら東京スター銀行のスターカードローンです。
カードローンタイプとネットローン対応の2タイプから選べ、ネットローンならネットバンキング利用可能。
店舗を持たないネット銀行ならではの低金利も魅力的です!

 

みずほ銀行カードローンの詳細へ

 

2位 高額借入 2位 オリックス銀行カードローン ⇒ 最高800万円
3位 高額借入 3位 アコム ⇒ 最高800万円
ランキング比較詳細  高額借入可能なカードローンランキングへ

借入とは

 

金融機関からお金を借りること。
金融機関や貸金業者などからの借金を意味します。

 

借入先は民間企業であれば銀行(都市銀行・地方銀行)運営のカードローン・消費者金融・信販会社があります。
国の公的機関なら金融公庫・支援資金貸付などです。

 

公的機関と民間企業の違い

公的機関では生活福祉資金貸付制度(市民税非課税の低所得世帯・手帳が交付されている障害者世帯・65歳以上の高齢者世帯向け)や日本政策金融公庫(事業資金・教育ローン)など使用用途が決まっており、それ以外に借りたお金を使うことはできません。
低金利や無利子で借り入れ可能ですが、申し込みは時には多くの書類が必要、厳しく審査されます。

 

一方民間企業は、住宅ローン・マイカーローンなど使用用途が限られた銀行ローン以外に、使用用途自由(事業性資金は除く)で借入可能なカードローンがあります。
使い道が自由であるというローンは、公的機関にはありません

 

金利は利息制限法で定められた範囲で設定され、一定期間のみ無利子となる無利息期間はありますが、完全無利子はありません。
審査基準も各金融機関によって多少の違いがあります。
申し込みはカードローンであればできるだけ手間にならない工夫がされています。

 

借入なら民間企業のカードローンがおすすめ

使い道は自由で、申込み時に聞かれることもありません。
PC・スマホでの申込みで来店も不要で、即日融資に対応、利用明細はWEB明細サービスにするなど第三者に知られず内緒の借入可能です。

 

生活費が足らない時や、急な出費で足らない分だけ借りたい時などに利用できるので、銀行運営の銀行カードローン、消費者金融運営のカードローン、どちらも借入希望者の要望も取り入れており、契約者が増えています。

 

借入に最適!カードローンとは?

借入の申込み資格

本人に安定収入があれば銀行カードローン・消費者金融どちらでも申込み可能です。

 

パートタイマーやアルバイト、契約社員など働き方や年収は審査で決定される限度額(最大限度額)に影響しますが、申込み資格には影響なし。

 

無収入の場合は申込み資格がありません。
アルバイトをしていない学生、来月から働くことは決まっているが現時点では無収入もこれにあたります。
例外として、専業主婦は配偶者に安定収入があれば、銀行カードローンのみ申込み資格があります。

 

年金は安定収入として認められるので、年金受給者もOKです。

 

借入の審査と基準

審査には限度額・金利が決定し、在籍確認がある「仮審査」と本人確認書類の確認と契約の「本審査」があります。
仮審査では審査担当者が信用情報機関に個人信用情報を照会し、返済能力も確認されます。
決定された限度額がOKであれば、在籍確認に本審査へと進みます。

 

審査基準は原則どのローン会社でも非公開であるため、教えてもらうことはできません。
実際は「審査基準は不明」というのが正しい答えです。

 

しかし長年のカードローン利用者の声や、金融機関退職者への聞き取りなどから、「債務整理(自己破産)している」「他社で返済遅延がある」など明らかに審査落ちする条件以外に、ある程度の基準が判明しています。

 

「こうすれば絶対審査通過間違いなし」という判断は難しいですが、「他社借り入れ件数が多い人は難しい」「小額希望の方が審査通過しやすい」など傾向がわかってきています。

 

自分が借入可能かどうかは、カードローン会社の公式ホームページに用意された無料の「お試し診断(簡易審査)」でも判断するという方法もあります。

 

借入の金利(実質年率)

金利は利息制限法(平成18年12月20日改正)で下記の様に定められています。

   第一章 利息等の制限

 

(利息の制限)
第一条  金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一  元本の額が十万円未満の場合 年二割
二  元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三  元本の額が百万円以上の場合 年一割五分


引用元:利息制限法

 

つまり、借入残高により法定利息(取っていい利息)が決められています。

  • 借入残高が10万円未満の場合は年20.0%まで
  • 借入残高が10万円以上、100万円までの場合は年18.0%まで
  • 借入残高が100万円以上の場合は年15.0%まで

法定利息を超える分は無効、契約者に返済義務なしとなります。

 

借入の金利は限度額で決まる

カードローンは多く借りれば借りるほど金利が低くなるのではなく、借入可能限度額により金利が決定されます。
三井住友銀行カードローンを例に挙げて説明します。
三井住友銀行カードローン金利
審査により極度額(限度額)が100万円以下の場合は、12.0%〜14.5%の間で設定されることがわかります。
仮に13.0%に決まったとします。

 

100万円までならいくら借りても13.0%となるため、5万円借りても100万円借りても金利は13.0%となります。
多く借りるほど金利が安くなる仕組みではありません。

 

申込みはPC・スマホ、電話・郵送・FAXなどがありますが、現在ではネット銀行も増えており、スマホを使ったWEB申込みが一般的となっています。

 

借入の限度額(最高限度額)

ローン会社によって「極度額」「利用可能枠」「利用限度額」とも呼ばれます。

 

借入の申込み時に希望額を入力、それを元に審査によって「この人ならこの額を貸しても間違いなく返済してもらえる」という金額が設定されます。
人によっては「10万円希望したが、限度額が30万円だった」など希望額より限度額が上回る場合も。

 

キャッシングは保証人・担保なしの信用貸しとなる為、最初から高額を借りることは難しいです。
カードローンの最高融資額500万円や800万円などは初回契約では借りられません。

 

借入の契約とお金の借入

契約は本審査に行われます。
契約書が郵送されるタイプもありますが、現在はWEB完結といい、契約書が郵送されないタイプのカードローンもあります。

 

契約後にキャッシュカードと似た借入・返済専用のローンカードが発行されます。
実際の借入はローンカードを使って、ATMから融資が受け取れます。

 

借入までにかかる時間

申込み〜借入まで最短即日融資が可能です。
しかし即日融資には条件があり、その条件は各ローン会社によって違いがあります。

 

  • 銀行カードローンの場合、契約銀行の普通預金口座を持っていること
  • 指定時間(平日14時など)までに契約・振込手続きが完了していること
  • ローンカードが受け取れること(自動契約機があるローン会社であること)

土日祝や夜間など申込み時間によっても異なります。

借入までの流れ

申込み ⇒ 仮審査 ⇒ 本審査(契約) ⇒ ローンカード発行この流れとなります。

申込み 365日24時間可能、スマホを使ったWEB申込みが簡単でおすすめです
仮審査・本審査 申込み順で行われます(申込み時間により、当日回答不可能な場合もあります)

本人確認書類はスマホのカメラで写真を撮って手順に沿ってアップロードするだけと簡単です

ローンカード発行 通常自宅に1週間程度で郵送、自動契約機にての受取も可能です

 

銀行カードローンと消費者金融の違い

最大の違いは総量規制の対象か、対象外かです。
銀行カードローンは銀行法を元に運営される総量規制対象外、消費者金融は貸金業法を元に運営される総量規制対象です。

 

総量規制により下記違いがあります。

銀行カードローン 消費者金融
対象外

総量規制

対象
安定収入があること

(配偶者に安定収入があれば専業主婦可)

申込み

安定収入があること(専業主婦不可)
300万円以上の高額借入希望時のみ

収入証明書の提出

・借入希望額が50万円以上
・他社借入合計+今回借入希望額の合計が100万円以上
どちらかを満たす場合

カードローン最大限度額まで

(専業主婦は30万円〜50万円までの制限あり)

限度額

最高年収の1/3まで

総量規制は貸付過多(貸しすぎ)を防ぐのが最大目的です。
消費者金融には貸し過ぎないための線引きがしっかりと成されています。

 

その他、以下があります。

銀行カードローン 消費者金融
厳しい

ローン審査

銀行カードローンほど厳しくない
低い

金利

高い
最短即日(条件による場合もあり)

融資スピード

最短即日
ある銀行のほうが少ない

自動契約機

あるのが一般的(中小消費者金融は除く)

今までの多くの借り入れ経験者の声から、審査の厳しさは『銀行カードローン>消費者金融』という結果が導き出されています。
「銀行カードローンの審査には落ちたけれど、その後消費者金融の審査には通過できた」という人も多くいます。

 

銀行カードローンは数多い銀行の商品の1つですが、消費者金融は融資がメインの事業。
借入希望者がいなければ運営が不可能であることから、審査は甘め、その分金利が高く設定されています。

 

即日融資に対応しているなど、融資スピードは同じですが、銀行カードローンによっては申込み時に自行の普通預金口座が必要な場合も。
口座がない場合は、先に口座開設が優先される為、即日融資はできません。
無人契約機がある銀行も三井住友銀行・三井住友銀行・新生銀行の三行のみ。

 

消費者金融は銀行ではない為、銀行口座はあってもなくてもOK。
無人契約機があるのも一般的で、サービス面は銀行よりも充実しています。

借入先の選び方

銀行カードローンは低金利ですが、即日融資の条件を満たすにはすぐには難しい場合があり、消費者金融は金利が高めでも審査が通りやすいという面も。
まずは借入の為の第一条件を決めて、条件に合うカードローンから更に条件の良いものに決めることが、後悔しないカードローンの選び方です。

 

低金利で借入希望

金利は「○.○○%〜△.△△%」と表記されます。
前の小さい数字が「最低金利」、後ろの小さい数字が「最高金利」となります。

 

金利は限度額が高額であるほど低金利となりますが、限度額は審査にて決定する為、申込み時にはわかりません。
そのため、最高金利が低いローンに申込んでおけば、それ以上高くなることはないので安心です。

 

消費者金融より、銀行カードローンの方が総じて金利が低く設定されています。
他社借り入れを一本化し利息を下げる借り換えローンも、銀行カードローンがおすすめです。

 

即日融資で借入希望

消費者金融がおすすめです。
大手消費者金融は所定の時間までに契約と振込手続きが済んでいれば、どの銀行口座にでも振込融資が可能です。
間に合わない場合であっても、自動契約機まで出向けばOK。(中小消費者金融は自動契約機がないところが多いです)
サービス面は消費者金融に軍配があがります。

 

銀行カードローンでは口座を持っていることが条件としているところもあり、自動契約機がある方が少ない為、「申込み銀行の口座を持っており、審査や契約時間を考慮し、午前中に申込める」場合なら間に合う可能性があります。

 

とにかく今日申込んで今日借りたい!という場合は、消費者金融が最適です。

 

高額借入希望

消費者金融は初回借入では50万円程度までに抑えられている様です。
実際に勤続年数が長い会社員でも限度額が50万円だったという声が多く、審査が銀行より緩いことも関係しているとも考えられます。

 

50万円以上を希望する場合、または借入希望額と他社借入額を合わせ合計で100万円以上の場合は、収入証明書の提出が義務となっています。

 

その点銀行カードローンは審査次第。
収入証明書は300万円以上希望する場合からのみとなります。

 

初回借り入れから高額を借りたい方や、複数の他社借り入れ金額を一本化するおまとめローンも銀行カードローンです。

 

毎月の返済額が少ない借入先希望

銀行カードローンは約定返済額という、毎月の最低返済金額が決まっています。
借入残高を元に設定されており、「借入残高が10万円以下の場合は月々3,000円」という様に決められています。
これは金融機関のカードローン公式ホームページまたは、商品概要や貸付条件に記載があります。

 

消費者金融は独自の計算方法を用いて返済額を割り出します。
10万円程度であれば銀行と同じ返済額になりますが、高額になると消費者金融の方が高くなることも。

 

最初から最低返済金額が明確な銀行カードローンがおすすめです。

関連サイト

キャッシング審査KS8|審査通過を目指す!おすすめ借入ランキング

キャッシングの審査に通過するためのポイントを紹介しています。
知っていれば審査落ちしなかったかもしれないのに…というような事がない様、申込み前に要チェックです!
サイト名:キャッシング審査KS8|審査通過を目指す!おすすめ借入ランキング
URL:http://www.ssehvusa.org/


このページの先頭へ戻る