クレジットカードのショッピング枠の現金化ってどうなの?

「ショッピング枠の現金化」というのを聞いたことがあるでしょうか?
これはカードを所有している人を対象とした新たな悪徳手口です。

 

カードを作ったりお金を借りるのに苦労している人たちが騙されるケースについてお話ししてきましたが、カードを持っている人たちをターゲットにした業者もあらわれているのです。

 

カードのキャッシング枠を目いっぱい使い切ったりして、どうしても現金の入手が困難なとき、この「ショッピング枠の現金化」の手口に騙されやすくなります。

 

キャッシング枠は残っていないが、ショッピング枠がまだ30万円ある」場合

「現金化します」という業者に行くと、その場でカードを使い30万円分の買い物をさせられます。
買い物といっても、実際には現物がなかったり、まるで金額とは見合わないような名目だけの品物だったりするようです。

 

そして、たったいま買った品物を再度買い取ってもらう、という形式をとって現金が手に入るのですが、この買い取り価格は元々の6〜7割前後でしかないので、実際手にする現金は20万円そこそこだったりするのです。

 

手順としては何ら法的に問題はないというのが業者の言い分でありカードの持主本人もいま一つ被害者意識を持ちにくいようですが、実際には数万円損していることになります。

 

金利にして考えると、数百パーセントという年利を払って現金を手にしたことになるのです。
しかもこのショッピング枠の現金化をした時商品の代金が後日請求がくるのですが一括で払う場合は多くのカード会社は商品代金のみの場合が多いですが分割となった場合キャッシング枠と同じように金利が付きます。
商品を買い取る手数料として引かれた上にさらに通常の金利が上乗せされた分での返済となるので大損です。
このようなショッピング枠の現金化などは悪徳金融が行っている事が多くトラブルに巻き込まれる可能性もあるのでこのような事業者には近づかないとこが賢明です。

 

馬鹿げた手法だと感じますが、現金化の誘惑を目の前にすると、この手口に騙されてしまう人も多いのが事実です。
また、このような取引自体がカード会社との契約違反にあてはまりますので、バレればカード停止になりかねません。

 

これは犯罪であり、最近では業者側の摘発なども増えています。
この手口に乗り、結果カードを失うことにでもなれば信用情報にキズがつけられますから、わずかな現金の誘惑に負けないよう、十分注意してください。

 

 

>>安心できる借入先を探すなら!詳細はこちら


このページの先頭へ戻る