キャッシングの審査について

借入審査イメージ画像

子供の入学、冠婚葬祭、友達との付き合いでの買い物食事、生活費のしのぎなど急な出費の際にまとまった現金が手元にない場合などに、キャッシングを利用するのは非常に便利な手段といえます。

 

とはいえ、キャッシング業者はボランティアではなくビジネスとして金融業を営んでいるわけですから、誰でも際限なくお金を借り入れることができるというわけではありません。
キャッシングを利用できるかどうかを判断するために、利用契約を結ぶ前にキャッシング業者は審査を行います。
この審査によって、申し込み者に融資をするかどうかを決定します。

 

キャッシングの審査の流れとしては、まず申し込み者が書類に必要事項を記入することから始まります。
申込書類には住所や氏名、年齢、電話番号といった個人情報に始まり、勤務先の住所や電話番号、家族の名前なども記入する欄があります。
次にその申込書類に自身の身分証明書を添えて提出します。
身分証明書は運転免許証やパスポートで大丈夫ですが、業者によっては写真がないという理由から健康保険証は身分証明書には該当しないとするケースもあります。
(借入額によって収入証明書も必要になる等、正確な必要書類については業者HPを確認ください。)
その後、実際の審査に移ります。

 

キャッシングの審査基準として判断される点は、返済能力の有無が第一条件となります。
これについては勤務先などに確認して勤務実績があるかどうかを調査する場合があります。
職場にキャッシングを利用する事実を知られたくない場合にはその旨を伝えておくと匿名で連絡を取ってくれる場合がほとんどです。
会社員などのように、一定の収入があるのであれば、その申込金額にもよりますがほとんどの場合審査はクリアできます。
専業主婦など収入がない方の場合は、配偶者の収入証明を出すと専業主婦でも借入できます。

 

ただし、他から借り入れが多い場合等、返済能力がやや低いと審査で判断されることもあり、その結果申し込んだ金額を全て融資できないという場合もあります。
便利だからといって借り過ぎにはくれぐれも注意してください。
また、総量規制によって年収の3分の1以上の借入ができなくりました。その点も借入審査に申し込む場合に考慮しておく必要があります。

 

審査に申し込む場合のポイント

 嘘がないよう正確な情報を記入する
審査のポイントですが、謝りがないように正確に申込書には記入するという事。
他からの借入がある場合に、審査にマイナスポイントにならないかと、少なく書いたり等しても、信用機関から情報は共有されていますので、すぐにバレてしまいます。
その場合は逆に評価が悪くなってしまいかねません。全て正直に正確に書きましょう。
審査前にどうしても不安という場合には、仮審査でどのくらい借入できるのか目安を確認してみるといいでしょう。

 

 少額から申込みする
審査の第一条件は上記の通り返済能力があるかどうか。
少額から申し込みする事で通りやすさも変わってきます。まずは少額で必要な希望額から申込みするようにしましょう。

 

>>あなたにピッタリの借入先が見つかります!詳細はこちら



このページの先頭へ戻る