低金利で借入先を選ぶ!おすすめランキング

金利は3.8%〜13.8%など設定に幅があり、数字の小さいほうが「最低金利」、数字の大きいほうが「最高金利」となります。

 

適用金利は、審査で決定される限度額に応じて段階的に設定されており、契約後に下げることができません。
そのため、最高金利が低ければ、どんなに高い金利が設定されてもそれ以上になることはありません。

 

借入が長期化する場合、利息が金利が1%違うだけでも利息の支払い総合計が大きく変わってきます。
消費者金融よりも低金利で借入できる銀行カードローンがおすすめです。

 

利息を抑える!低金利カードローンランキング

イオン銀行 カードローンBIG

イオングループが運営するカードローンです。
最高金利が14%台でも低金利といわれる銀行カードローンの中で、唯一の13%台!
契約後の金利の引き下げは難しい為、できるだけ低金利で借りたい方はイオン銀行カードローンがおすすめです。

 

WEB申込はこちら

実質年利 限度額 総量規制
3.8%〜13.8% 800万円まで 対象外

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンはweb完結申込が可能で来店も郵送もありません。
高い方の金利でも年14.0%
住宅ローンをみずほ銀行で借りている方はさらに金利の優遇が受けられます。

 

WEB申込はこちら

実質年利 限度額 区分
年2.0%〜14.0%※ 最大ご利用限度額 800万円 銀行

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

三井住友銀行カードローン

最高金利14.5%の三井住友銀行です。
口座がなくても借りられる・ローン契約機があるなどサービスも充実!
店舗数も多く低金利なだけではなく使い勝ってもいい納得のカードローンです。

 

WEB申込はこちら

実質年利 限度額 総量規制
4.0%〜14.5% 800万円まで 対象外

その他低金利でおすすめのカードローン借入一覧

銀行カードローン名 実質年利 限度額 WEB申込
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

1.8%〜14.6% 500万円まで WEB申込へ
セブン銀行カードローン

15.0%のみ 50万円まで WEB申込へ
プロミス

4.5%〜17.8% 500万円まで WEB申込へ

使用用途自由!低金利で借入可能な銀行カードローン

リフォームローンや教育ローンなど借入金の使用目的が限られている目的ローンは金利が安く設定されていますが、利用には請求書や納付書などの金額と支払先が明確な書類の提出が必要となります。
使用用途が自由なローンと言えばカードローン、その中でも低金利なのは銀行のカードローンです。

 

銀行運営のカードローンは、消費者金融よりも4%ほど最高金利が低く設定されています。
その理由としては以下が挙げられます。

カードローンが銀行の商品の1つであること

消費者金融は個人への融資が本業。
それに比べて銀行は企業への融資や高額な住宅ローンも取り扱うなど、カードローン以外にも多彩な商品あります。
融資ができれば利息が得られる為、少し低い金利に設定しても十分利益を得られます。

 

審査が厳しい分、審査通過した人には低金利で貸せること

銀行は消費者金融に比べて審査が厳しいと言われています。
返済能力の有無を最も重視しており、返済能力があり、尚且つ完済できる限度額しか融資しません。

消費者金融は融資できなければ利益が得られない分、銀行よりも審査ハードルを下げる代わりに金利を高く設定しています。
審査基準については、銀行と消費者金融で明らかに差があるとはいえませんが、多少、消費者金融の方が甘いといえるでしょう。

カードローンの金利と利息の関係

カードローンのの利息は金利によって決まります。
利息がいくらかかるのかは、計算式を用いて簡単に計算できます。

 

借入残高×金利÷365日×30日=1ヶ月(30日)の支払利息
(金利は電卓の「%」を使うと簡単です)

 

借入残高と金利がわかれば、計算できます。

 

10万円を18.0%で借りた場合、100,000×18.0%÷365日×30日=約1,480円、1ヶ月の利息は1,480円となります。

 

金利の違いと利息の違い

10万円を18.0%で借りた場合と、14%で借りた場合で1ヶ月の支払利息を比較します。

 

金利18.0%の場合
100,000×18.0%÷365日×30日=約1,480円

 

金利14.0%の場合
100,000×14.0%÷365日×30日=約1,150円

 

利息の差は1ヶ月で約330円
同じ10万円を借りていても、これだけの差が出ることになります。

 

1ヶ月で考えると利息の差は小さく感じるかも知れませんが、返済期間が長くなればそれだけ余分に返済していることになります。

カードローンの金利が元本の返済に影響する

カードローンの返済額は利息+元本です。
1万円を返済した場合、利息+元本で1万円となり、1万円を全額返済している訳ではありません。

 

『毎月返済しているのに、なかなか借金が減らない…』というのは、返済しているつもりでも、返済金額が丸々元本返済に充てられていないから。
できるだけ支払利息を抑え、毎月の返済金額を元本返済に充てることが、完済への近道です。

カードローンの金利は借入審査で決まる限度額によって変わる

多く借入すればするほど金利が低くなると思われがちですが、それは間違いです。
金利は審査で借入限度額が高い人ほど安くなります

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの公式ホームページに金利と限度額についての表があります。
三菱東京UFJ銀行カードローンの限度額と金利
引用:カードローン「バンクイック」 金利年1.8%〜年14.6% | 三菱東京UFJ銀行

 

利用限度額別に金利が設定されていることがわかります。
審査により決定された限度額を元に、金利が決まるシステム。
実際の借入金額とは関係ありません

 

  • 限度額10万円の人が5万円借りる⇒金利は12.6%〜14.6%の範囲内で審査で決定されたもの
  • 限度額200万円の人が5万円借りる⇒金利は7.1%〜9.6%の範囲内で審査で決定されたもの

借入がいくらであろうと決定された金利が適用されます。


このページの先頭へ戻る